【書籍紹介】 実践 成年後見 95号

会員のみなさまへ

民事法研究会より『実践 成年後見』の95号が発刊されました。

今号では、当会会員より「事例」が提供されています。

事例

「成年被後見人の価値観と人生の尊重」

執筆者 社会福祉士 廣井 英徳

ガイド 社会福祉士 三林 達哉

この事例は、ある困難事例についての記録です。

時系列の記録を読み進めるうちに被後見人の生きる力(エンパワメント)が高まって
いく様が浮かび上がります。この記録は「自己決定支援とは」を読者に鮮やかに問い
かけ、特にソーシャルワーカーのみなさまには刺激と心地よい読了感が得られるもの
と思われます。

他にも興味深い特集記事などもありますので、

ご興味のある方はお手に取られてはいかがでしょうか。

ご参考までに購入ページURLを載せておきます。

http://www.minjiho.com/shopdetail/000000001294/022/X/page1/recommend/

さて、ぱあとなあ和歌山ではコロナ禍のため中止していた勉強会がオンラインで再開
されています。

一般会員のみなさまも対象とした勉強会もありますので、成年後見にご興味を持たれ
た方はぜひお気軽にご参加くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です