基本方針 

 

 一般社団法人和歌山県社会福祉士会は、一人一人の社会福祉士が、専門職として社会の期待に応えられる活動ができるよう、公益社団法人日本社会福祉士会と協力しながら、今年度は以下のようにすすめてまいります。

 まず、第一として『権利擁護』においては、多様性が認められる社会をすすめ『生きづらさ』を感じている人々が自尊心をもって生活できるような共生社会を目指し活動していきます。
具体的には、『権利擁護センターぱあとなあ』における成年後見、未成年後見の受任だけでなく、権利擁護に関する講演会や講師派遣、弁護士会との協働による虐待対応専門職チーム派遣を継続します。
市町村からの虐待対応専門職チーム派遣要請や講演会・研修会の講師派遣要請は増加しており、私たち社会福祉士に対しての期待は更に大きいものとなっています。
これらに当然に応えるべく、今年度も行政や各関係機関(和歌山県社会福祉協議会や家庭裁判所等)、弁護士会や司法書士会等各専門職団体と連携、協働し活動してまいります。
前年度より継続中である成年後見制度利用促進基本計画の中核機関立ち上げにも協力・支援していきます。
教育現場(スクールソーシャルワーカー関連)や司法分野においても関係機関との連携、協力を強化してまいります。

 第二は、『人材育成』です。
社会福祉士会としての人材育成は、やはり「顔の見える関係性」の中での活動や学び、スキルアップであると考えます。
会活動の中心とも言うべき研修会開催については、様々に出来ることを考え実施していきます。
今年度は、日本社会福祉士会もさらにe-ラーニングの講座や内容等も幅広くしてきており、当会においても、その活用を進めていきます。
特に、会員にとって基礎ともなり、又、多くの時間数の受講をする必要がある「基礎研修」については、このe-ラーニングを活用する予定です。
他の研修会等についても、現代社会に沿ったICT活用による方法にて、開催等を進めてまいります。

 前年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、世界的中様々に人々の暮らしが変化しました。
私達の会活動も、多くの変化を求められました。
大きかったのは、予防等のためとはいえ、全国大会(高知大会)が中止となり、和歌山県士会も基礎研修を実施しないという決断を取りました。
「つなぐ」「まもる」「支える」が出来辛い状況となりました。
今年度も、まだまだこの感染症と向き合っていかねばなりません。
和歌山県社会福祉士会も、会活動がより良いものとなりますように、様々に検討し方法をとってまいります。
ホームページの刷新を行い、広報に力を注ぎます。
これは、会員の皆様に、出来るだけ「見える会活動」とすることであります。

 令和3年1月31日現在の一般社団法人和歌山県社会福祉士会の会員数は320名です。
社会状況を踏まえながら、今後も資格取得者への加入をすすめ、更に会員を増やすべく努力をしてまいります。

 更に、今年度は、近畿ブロック和歌山大会(令和4年2月上旬開催予定)やソーシャルワーカーデー、人権フェスタ(ビッグ愛)、バリアフリー展(インテックス大阪)等々も開催予定としており、前年度に行えなかったことに対して、力を注ぎ、会員の拠り所となる会活動としてまいります。

事業内容 

(1)会議

  • 定時総会  年2回
  • 理 事 会   年12回
  • 各委員会  随時開催



(2)相談援助活動

  • 県民を対象にした権利擁護、成年後見制度に関わる相談活動に取り組んでいく。介護保険関連、障害関係、児童関係、法律関係、NPOやボランティア関連機関との連携を取りながらすすめる。
     ・和歌山弁護士会と共に高齢者・障害者虐待対応専門職チームの運営
  • 会員同士が相談できる体制を整備し、組織化をしながら一定の成果をあげる。
     ・定期的な事例検討会等の開催



(3)研修活動

  • 研修会の開催
     新生涯研修制度に沿った研修プログラムの実施する。
     研究発表会や研修会の開催
     (公社)日本社会福祉士会近畿ブロック研究・研修大会への参加協力
  • 地域包括支援センター 高齢者虐待防止市町村職員研修の実施
     地域包括支援センターで勤務する社会福祉士向けに高齢者虐待標準研修を実施



(4)調査研究活動

  • インターネットの普及から、会員各自の研究テーマを深め、情報交換を高める。メーリングリストの利用にあたっては、会員を原則とする。
  • 日本社会福祉士会の行う調査研究活動に協力する。



(5)啓発活動

  • 成年後見制度について、成年後見制度に関わる各専門職団体と共に市民に向けて啓発を進める。
    ・成年後見利用促進における県内圏域別意見交換会と民生児童委員や支援者団体への研修の実施
  • 国家試験受験対策委員会で国家試験受験対策講座を開催する。
  • 会報の発行
    会員相互の情報提供、研修会の報告等の役割をもつものとして、定期発行に努める。
  • eラーニングの利用促進(新しいコンテンツの案内)



(6)組織化活動

  • 新規会員の募集
    重点的な取り組みとして、組織率の向上に努める。
    基礎研修の機会などを通じて会員と広く社会福祉士資格取得者との交流機会を作る。
  • 上記等の活動計画を進めるために委員会及び担当者を置く。

     ぱあとなあ和歌山運営委員会(権利擁護センターぱあとなあ和歌山)
     国家試験受験対策委員会
     広報委員会
     生涯研修委員会(生涯研修センター)
     第三者評価委員会
     スクールソーシャルワーク委員会
     地域包括支援センター支援委員会
     地域福祉委員会
     リーガル福祉委員会
     実習指導者支援委員会
     総務委員会



(7)関連団体との連携、交流

  • 全国大会(山形県)への参加【初のオンライン開催】
  • 近畿ブロック研究・研修大会(和歌山大会)の開催
  • 和歌山県介護福祉士会及び和歌山県精神保健福祉士協会、和歌山県介護支援専門員協会等の県内関係団体との連携
     ・和歌山医療社会事業協会、和歌山県精神保健福祉士協会との共同によるソーシャルワーカーデーの企画運営